• レトロでお洒落なグリーンのLAXオフィスチェア
  • アージェ・カウンターチェア
  • ラボリオ・キャスターオフィス
  • cosine ピーナッツスツール
  • サイネリア・ダイニングチェア
  • 把手付きスツール
  • ナチュラル・ウッド・ファブリック・ベンチ
  • ボウバック・ウィンザーチェア

KAEDE NO MORI KMC-718 メープル無垢材ダイニングチェア

¥23,100税込送料無料

最安値 / 今の価格をショップで確認 >>

ダイニングチェア

KAEDE NO MORI メープル無垢材と美しいデザインの椅子

KAEDE NO MORI ダイニングチェア KMC-718は、メープル無垢材の白い木肌に凜としたデザインが特徴で、北欧家具のような雰囲気があるとてもお洒落な椅子です。メープル材に似合う座面パッドも付いています。

メープル無垢材で作られたあたたかみのあるデザインの椅子、KAEDE NO MORI ダイニングチェア KMC-718
角のないメープル無垢材の質感がとても美しく、アーガイル柄のようなデザインの背もたれが、いいスパイスになっています。

北欧系ダイニングチェア KAEDE NO MORI KMC-718

KAEDE NO MORI メープル無垢材について

KAEDE NO MORI KMC-718に使用しているメープル無垢材は、上級グレードの「セレクト&ベター」。木目が美しいアメリカ広葉樹の高級材です。

白い木肌のせいと言ったらメープルに失礼ですが、柔らかな木材と思われがち。でもメープル材は硬くてとても丈夫な木です。清潔感のある色味と丈夫な木質で、家具に使用する木材として人気の高い木種です。

KAEDE NO MORI KMC-718のデザインについて

KMC-718のデザインが秀逸だと思うポイントは、やはり背もたれ。
背もたれのクロスよってキュートな雰囲気がプラスされ、ナチュラルなメープル無垢材の椅子が少し華やかになるようなデザイン。

背もたれの両端を見ていただくと、上に向かって細くなっています。それにより全体的に軽やかさがでるなど、KMC-718のおしゃれな雰囲気は、細部へのこだわりによってできていると感じます。デザインの中心的存在である背もたれに目がいくことを想定し、より良いデザインがなされた素敵な椅子が、KAEDE NO MORI KMC-718

MIKIMOKUとは

KAEDE NO MORI KMC-718は、国内のインテリアメーカー、MIKIMOKU(ミキモク)によるプロダクト。おしゃれで美しく、そして生活の一部になる家具を手掛ける一流メーカーです。

創業時の64年前、木製のカッティングボードの輸出からスタートしました。翌年には輸出用のウィンザーチェアの生産を始めました。
テーブル、チェア、ソファ、シェルフ、私たちは普段インテリア製品に囲まれて暮らしています。
あなたの生活の一コマに、あなたの好きなインテリアの一部になるものを作りたい。

引用元:MIKIMOKU ミキモク・オフィシャルサイト
カテゴリ
ダイニングチェア
素材
天然木メープル材
サイズ (cm)
奥行き高さシート高
4550.58444